NEWS

東京工業大学と東北大学、量子コンピューティング研究の連携協定を締結

東京工業大学と東北大学が量子コンピューティング研究の連携協定を締結し、7月18日(水)記者発表が行われました。東京工業大学の益一哉学長、東北大学の大野英男総長が出席し、それぞれの大学にてリードをしていく東京工業大学西森秀稔教授、東北大学大関真之准教授から具体的な連携の説明が行われました。

量子コンピューティングは、従来の方法では長い計算時間を要するいくつかの問題をより短い時間で解く可能性を期待されています。東京工業大学は、すでに多くのユーザに利用されている装置の動作原理である量子アニーリングの概念を1998年に提唱しており、基礎理論の研究で20年間世界をリードしてきています。そして東北大学は産業界との広範な連携により、ソフトウェアと応用研究で世界を先導してきています。

この度の両大学の連携によって、基礎理論と応用研究の循環がより促進され、日本が量子アニーリングの分野で世界においてイニシアチブを獲得することが可能となります。

この連携協定は産業界への応用の大きな一歩であり、今後日本におけるビジネス導入が活発になります。量子コンピュータは、都市開発、自動車、化学、金融、製造、防衛、マーケティングなど、様々な分野に応用でき、各段な進歩になります。日本にとって、アプリケーション開発にて世界のリーダーになるチャンスです。

今後もCDO Club Japanは量子コンピューティングの分野を産業界の連携という視点で注目、サポートして参ります。

 

 

2018年7月30日(月)開催、量子コンピューティングビジネスフォーラム2018の概要およびお申し込みはこちら

投稿日:

Copyright© ウィル・カンファレンス|量子コンピューティングビジネスフォーラム2018(QCBF) , 2018 All Rights Reserved.